製品情報

制御装置 Control device

厳しい品質基準を要求される業界で育てた定評ある機器をみなさまに

系統制御は表示盤だけでなしうるものではありません。人と機械のコミュニケーションを仲立ちするさまざまな機器が必要です。当社では、より快適・確実にライフラインの供給・監視が行えるよう、制御にかかわる機器を開発しております。

現在では、警報器、記録装置、電話制御装置、通話・時刻録音装置を製造販売しております。いずれの機器も系統監視・制御での運用に耐え、高い信頼性を誇っております。従来ご利用の機器に不満をお持ちの方、過酷な運用への活用をお考えの方、ご相談ください。

オペレーター専用電話制御装置

※レイアウトは用途に応じてカスタマイズ可能です。

多数の電話回線を一元管理できる電話システムです。各ライフラインの維持管理をする上で確実に電話の受発信に対応するために開発されました。コールセンターや電話が集中する事業所に導入すれば、1つの電話機で、複数回線の発着信に対応できるようになり、設備・人員の有効活用につながります。この装置は、回線を収容する電話制御装置とオペレーター側の操作パネルの2つで構成されます。



画像をクリックすると拡大できます。

特徴
・オペレーター側の電話操作パネルは、発着信操作や、電話帳、通話履歴などを一覧できるタッチパネル方式です。
・発着信をすると、通話および時刻が自動的に録音されます。
MP3形式ですので、汎用プレイヤーで再生が可能です。
通話時刻や通話者などからの検索も容易です。
・収容回線の種類は、自動回線・磁石回線・共電回線などが可能で、最大128回線まで収容できます。
・メモリー登録は、1,000件まで可能です。
・ISDN回線からの発信者番号の判別が可能で、電話帳に登録されている名称を表示できます。
・一斉通話機能は6グループの登録が可能で、1グループ最大10回線までを任意に選択することができ、三者通話も可能です。
・装置のシステム構成は静止型で、内部ネットワークを2重化したLAN構成です。
電源も受電から2系列化した構成で信頼性を高めています。
主な用途
・各種監視センターなどの業務専用電話システム
・各種カスタマセンター業務専用電話システム

通話・時刻録音装置


画像をクリックすると拡大できます。

受発信した通話記録を残すための録音装置です。
通話内容および時刻をサーバーに保存し、随時再生することができます。
ハードディスク以外にもDVD-RAMへの記録保存ができ、汎用プレイヤーで再生が可能です。
各種コールセンターや顧客対応で危機管理にご利用いただけます。


特徴
・発着信をすると、通話および時刻が自動的に録音されます。
・ 録音データは録音サーバーにMP3形式で保存されます。DVD-RAMに記録し、外部プレイヤーでの再生も可能です。
・ 録音入力は1ユニットで8cH(8扱者)が可能で、最大4ユニット(32扱者)の収容が可能です。
・録音サーバー容量は、約120Gバイトで、1cHあたり最大約1166時間(約48日)の録音ができます。(サーバー容量はご希望により増設可能です。
・Webサービスにてシステムモニター、運転ログ、録音ファイルの検索・再生ができます。
主な用途
・各種監視センターなどの業務専用電話システム
・各種カスタマセンター業務専用電話システム

ハイブリッドレコーダーSHR-101(記録装置)

※レイアウトは用途に応じてカスタマイズ可能です。

検知された異常は記録しなければなりません。また、異常がなくとも電圧や周波数などのデータは数年にわたり保管するケースがあります。当社では、これまで紙に記録されていたデータをハードディスクや外部媒体などの電子メディアに保存し、ディスプレイでの閲覧や容易な検索、長期保管が可能な記録装置をご提供しています。使用用途は電力だけではなく、気象、水系情報など、さまざまな形式のデータに対応しています。

特徴
・ペーパーレスでデータを保存でき、検索が容易です。
・保存には大容量ハードディスクのほか、MOやDVDへ外部保存も可能。
・最大40要素のデータ記録が可能です。
・モニターはカラー液晶(SXGA)を採用し、一括・マルチ画面、横・縦型配列が可能。
主な用途
・気象情報記録(湿度・温度・風向・風速など)
・電力情報記録(電圧値・電力量・周波数・総需要など)
・水系情報記録(水位・流量・など)

マルチチャイマー(警報器)

電力系統監視においては、1つの表示盤で、数千件に及ぶ情報を管理します。この膨大な情報を、目視だけで把握するのはまず不可能です。このため、異常が発生した場合、それを知らせる警報器が必要になります。しかし多くの警報器では、1箇所の異常に対して1つの警報器が必要だったり、複数の異常が発生しても1つのアラーム音しか鳴動させることができなかったりする難点がありました。

そこで当社は、1台で複数の鳴動音を発生させることができ、異常の判別がしやすい警報器“マルチチャイマー”を開発いたしました。これにより、異常個所や故障の程度による鳴り分けが可能になります。先端技術を結集させた半導体部品を使用しておりますので、安心してご利用いただけます。また、オペレーターコンソールの各種アラーム、電話装置の着信音鳴り分けなど、さまざまな用途にご活用いただけます。

特徴
・1台で10種類の鳴動音を発生させることができます。
・複数入力に対して混和音を発生するので識別が容易です。
・豊富な音色を選択することができます。
・音量調節ができます。
・信頼性の高い半導体部品を使っています。
仕様
各種仕様と図面をPDFでご覧いただけます。
仕様資料(PDF|1554KB)
主な用途
・オペレーターコンソールデスクの各種アラーム
・各種監視表示盤のアラームや状態変化検出
・各種アナンシェータのアラーム
・電話装置の着信音

制御装置 取引先紹介

製品情報

  • モザイク式表示盤
  • 制御装置
  • 表示画像処理装置